永利兴

MIM金属粉末射出成型专业制造商

ニュース
News
您现在的位置:
ホーム
/
/
金属射出成形の開発

金属射出成形の開発

  • カテゴリ:新闻资讯
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2015-12-02
  • PV:5

【概要の説明】金属射出成形は、1920年代に始まったセラミックスパークプラグの粉末射出成形の準備にまでさかのぼることができます。1979年になって、Wiechなどによって形成されたパルマテックの金属射出成形製品が2つの賞を獲得し、当時WiechとRiversが特許を取得しました。

金属射出成形の開発

【概要の説明】金属射出成形は、1920年代に始まったセラミックスパークプラグの粉末射出成形の準備にまでさかのぼることができます。1979年になって、Wiechなどによって形成されたパルマテックの金属射出成形製品が2つの賞を獲得し、当時WiechとRiversが特許を取得しました。

  • カテゴリ:新闻资讯
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2015-12-02
  • PV:5
詳細

  金属射出成形は、1920年代に始まったセラミックスパークプラグの粉末射出成形の準備にまでさかのぼることができます。1979年になって、Wiechなどによって形成されたパルマテックの金属射出成形製品が2つの賞を獲得し、当時WiechとRiversが特許を取得しました。

 

  過去には、適切な粉末の不足と高すぎる価格、不完全な知識プラットフォーム、未熟な技術、人々が市場を理解して受け入れるまでの長い時間、長すぎる生産(金型製造を含む)サイクル、不十分な投資などのために、それらの開発と応用は比較的遅い。

 

  MIM技術の難しさを解決し、MIM技術の実用化を促進するために、1980年代半ばに、米国は高度な粉末作業の計画を策定しました。その後、日本、ドイツなども積極的にMIMの開発と研究を実施しました。

 

  Wiechは1980年にWitecを設立し、1982年にBrunswickがMIM業界に参入し、Witecを買収し、Omark Industries、Remington Military Products、Rocky Dentalおよびその他の子会社を徐々に登録しました。1986年、日本企業の日本セゾンはWiechプロセスを導入しました。1990年、イスラエル・メタル2000社はパルマテック社からWiechプロセス技術を導入し、MIM生産ラインを設立しました。

 

  MIM研究の継続的な深化と新しいバインダーの開発、ミリング技術と脱脂技術の継続的な改善により、1990年代初期までに工業化を達成しました。20年以上の努力の末、MIMは急速に発展し、粉末冶金の分野で最も有望な新しいタイプのニアネットシェイプ成形技術になり、「金属部品の最も人気のある成形技術の1つ」と称賛されました。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

恵州永利興工業有限公司

住所:広東省恵州市恵城区小金口の老虎工業区
電話番号:
+86-752-7823176
携帯電話:138 2998 5513
ファックス:+86-752-7823172
メールボックス:
martin@wotta.net

版权所有:恵州永利興工業有限公司  粤ICP备190283277号-1   网網站建設:中企動力  惠州